消化器内科とは

消化器のイメージ写真

多くの方がご存じの通り、私たちは日常的に食事をして身体の中に栄養を取り入れ、他方において、食べ物の残渣や腸内細胞、腸内細菌、老廃物などを体外に排出しています。こうした重要な働きを担っているのが消化器官です。

通常は、食道や胃、十二指腸、小腸、大腸、肝臓、胆嚢、膵臓などがしっかりと働いてくれるおかげで、健康を維持できています。
ところが、何らかの要因によって病気になってしまうこともあります。

消化器内科では、こうした臓器に生じる様々な症状を診断し、主に内科的な治療を行う診療科なのです。

消化器には様々な病気が起こります

消化器には、それぞれの臓器ごとに多くの疾患があり、その中には命に関わる重篤なケースも存在します。
手遅れにならないよう、消化器内科医のもとで検査を受け、疾患ごとに適切な治療を行っていくことが大切です。

当クリニックでは、患者様の症状を見極め、必要な検査を行うとともに、高度な医療機関にて専門的な治療が必要となるケースでは、各専門病院をご紹介いたします。下記のような症状が見られる方は、お早めに当院を受診ください。

このような症状の方はご相談ください

  • お腹の調子が悪い状態が続いている
  • 胃が痛い(痛みが引いても、しばらくして痛みがぶり返してくる)
  • 胃がもたれる
  • 吐き気を催す
  • 胸やけがする
  • 食後に背中が痛くなる
  • 便秘や下痢を繰り返す
  • 血便が出る
  • 身体の皮膚や粘膜が黄色くなった(眼球の白目が黄色くなった)
  • 食欲がない
  • 体重が急激に減少した
  • 顔色が悪いと言われる など

消化管の主な疾患

食道

  • 逆流性食道炎(胃食道逆流症)
  • 感染性食道炎
  • 薬剤性食道炎
  • 腐食性食道炎
  • 食道潰瘍
  • 食道がん
  • 食道静脈瘤 など

逆流性食道炎

胃で消化途中の食物や胃液が食道に逆流し、食道が炎症を起こしてびらん(粘膜のただれ)や潰瘍を生じる疾患です。
食道と胃の接続部分には下部食道括約筋と呼ばれる筋肉があり、食道に胃液が逆流しないような仕組みが備わっています。

しかし、加齢などによって筋力が低下してくると、胃の中の食べ物が食道に戻ってきてしまうのです。
もともと日本人には少ない病気でしたが、食生活の変化などによって患者が急増しています。
これに伴い、近年はテレビや雑誌などでも取り上げられることが多くなりました。

主な症状は、胸やけ、酸っぱい液体が口まで上がってくる、胸が締め付けられるような痛み、咳などです。
このような症状がある場合は、内視鏡検査などを行い、確定診断します。

治療方法に関しては、生活習慣の改善(食事・姿勢・服装など)と薬物療法が中心となりますが、重症の場合は腹腔鏡下手術などが必要になるケースもあります。

胃・十二指腸

  • 急性胃炎
  • 慢性胃炎
  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍
  • ストレス性潰瘍
  • 胃がん
  • 十二指腸乳頭部がん
  • 胃ポリープ
  • 胃粘膜下腫瘍
  • 胃下垂
  • 胃拡張(胃アトニー)
  • 胃酸過多症
  • 胃神経症
  • アニサキス症 など

急性胃炎

胃の粘膜に急性の炎症が起こる病気です。
これにより、胃が激しく痛んだり、吐き気をもよおしたりします。
主な原因としては、胃の粘膜を刺激する食物(激辛料理など)の多食、仕事などのストレス、鎮痛薬の副作用、細菌などによる食中毒、全身性の疾患などが考えらえます。

痛みや吐き気などの症状が3日以内に収まることも多いのですが、いつまでも続くこともあります。
その場合は早めに医師の診察を受けるようにして下さい。

治療にあたっては、まず急性胃炎を引き起こしている原因を特定します。
原因がはっきりしたならば、それを取り除くようにし、症状に合わせた薬を服用します。

慢性胃炎

胃の粘膜が繰り返し傷つけられることにより、胃の粘膜が修復されずに炎症が進行していく慢性疾患です。
胃の痛み、胃もたれ、胃部膨満感、げっぷなどが続いているときは、この疾患の可能性があります。

臨床的には出血やびらんのある胃炎、びらんのない胃炎、特殊胃炎がありますが、一般的には「びらんのない胃炎」を指すことが多いです。

びらんのない慢性胃炎を引き起こす主な原因は、ピロリ菌感染によるものです。
内視鏡検査で胃炎の有無やピロリ感染の有無を調べ、必要に応じてピロリ菌の除菌などを行います。

出血などのある胃炎の場合は、ストレス、非ステロイド系消炎鎮痛薬、飲酒などが原因となります。
治療に際しては、胃酸分泌を抑える薬、胃の粘膜を保護する薬、消化管運動の機能を改善する薬などを使用します。

胃がん

胃の壁の最も内側にある粘膜内の細胞が、何らかの原因でがん細胞に変化する病気であり、日本人に多く見られるがんのひとつです。
早期の段階では、それ自体による症状は無いため、多くは健康診断や人間ドックの際に発見されます。

他のがんと同様、胃がんも早期発見が重要であり、早期の段階で治療を行えたならば治癒率は9割を超えています。
しかし、進行すると治療が難しくなりますので、毎年、定期的に健診を受け、早期発見・早期治療を心がけるようにしてください。

また、胃の中にピロリ菌が存在している場合、胃がんの発生リスクが高まります。
ピロリ菌がある方は、除菌することをお勧めいたします。詳しくは外来でご相談ください。

小腸・大腸

  • 急性腸炎(感染性腸炎、非感染性腸炎)
  • 慢性腸炎
  • 過敏性腸症候群
  • 潰瘍性大腸炎
  • クローン病
  • 腸閉塞(イレウス)
  • 虫垂炎
  • 大腸がん(結腸がん、直腸がん)
  • 大腸ポリープ
  • 大腸憩室症 など

大腸ポリープ

大腸粘膜の表面から突出した隆起を大腸ポリープと呼びます。
この約8割を占める腺腫は、将来的にがん化する可能性がありますので、早めに取り除く必要があります。
内視鏡で切除することが出来ます。

大腸がん

大腸の粘膜から発生する悪性腫瘍です。
がんは様々な臓器にできますが、その中でも患者数が最も多いのが大腸がんであり、死亡数も肺がんに次いで第二位を占めています。
隆起型と陥没型に大別できるのですが、このうち陥没型は腸壁内層に深く浸潤していき、極めて速く進行しますので注意が必要です。

大腸がんの発生は、生活習慣に関わりがあるとされています。
加工肉などの摂取、過度の飲酒、喫煙、肥満などは大腸がんのリスクを高めるので、改善に努めましょう。

治療に関しては、ステージによって異なります。
がんが粘膜に留まっている場合は、内視鏡切除術で治癒となりますが、粘膜を越えていたときは状況に応じて追加手術が必要になることもあります。